eng-labs

今まで使っていた無線LANルータのアンテナがぽきっと折れてしまったので、何かいい無線LANルータはないかと探したところ一人暮らしでは十分な無線LANルータがBUFFALOから出ていたので購入してみました。

ひとまず開封の儀とファーストインプレッション

最初に手に取った時から感じていましたが、箱が小さく軽いのが印象的でした。実際に手のひらサイズで小型です。付属品は取扱説明書の他に、電源ケーブル、0.5mのLANケーブルが一本ついていました。
開封してみてもやっぱり本体は大変小型でした。ポート数も少ないため必要最低限ですね。

外箱

このポートは一つがプロバイダーから提供されるルータに接続するもので、もう一つはもう一台接続したい時に使用するようですが、10M/100Mの有線ポートですので注意が必要です。このあたりでコストカットがされているのでしょう。私は使用しないのでもし使用したい方は気をつけてください。

背面ポート

BUFFALO WCR-1166DSの特徴

BUFFALO WCR-1166DSの特徴はなんといってもその小型な部分です。BUFFALOも推しているように文字通り手のひらサイズの無線LANルータです。マウスと比較すると小さいことがわかります。

マウスと比較

Wi-Fiの規格は802.11acという最新のiPhoneと同じ規格を採用しております。ちなみに、この802.11acというような呼称がWi-Fi 5のようにわかりやすくなるそうです。またビームフォーミング機能を搭載しております。これは電波を直接デバイスに向けて送信んすることで安定化かつ高速化ができる技術です。

接続台数は6台とやや少なめですが一人暮らし程度でしたら問題ないでしょう。私の場合は、MacBook Pro、iPad Pro、iPhoneくらいが常につながっているくらいなので十分でした。また、価格も安く、amazonで3000円程度で購入することができます。

最新の規格のWi-Fiが使用できる無線LANルータとしてはお手頃な価格だと感じます。

実際に使ってみて

実際に設置をして使ってみましたが、とにかく小さく邪魔にならないところが大変魅力的です。デザイン性も悪くなくコードが見えないように設置できれば大変コンパクトです。接続も既存のLANケーブルをさして、パスワードを入力するだけで簡単に接続ができました。実際に使ってみて早くなったなどを感じることはありませんが(この辺は契約にも寄ると思いますが)全く問題なく使用でき満足しております。私は使用しませんでしたがQRコードでも簡単に接続ができるようでしたので、難しいパスワードを入力するのが苦手な方はこのシステムはとても魅力的だと思います。

設置した画像

私のような一人暮らしではこのWCR-1166DSは十分すぎるような無線LANルータでした。一人暮らしの大学生や新卒の社会人などなどのニーズに合った商品になっていると思います。