大学生になると、PCやタブレットを講義に持ち込んでいい場合が多くなると思います。また、板書をしないでスライドの授業が増えるため、書きうつさないでノートに書き込んだり、黒板を写真として撮ってしまい済ませている人も多と思います。そんな中、私は講義によってはiPad ProとApple Pencilを使って受けています。もし、ノートなどを持ち込むのが面倒なのであれば、これらのセットがおすすめです。

使用しているアプリなどは、別の記事で紹介します。

なぜiPad ProとApple Pencilなのか

勉強の時は万年筆しか使わないというエントリを投稿しましたが、あくまで勉強の時です。講義を受ける時は、教授などの話を聞くのに集中し内容を理解すべきです。そのため、講義に合わせた文房具等で受けるべきです。

iPad Proをおすすめする具体的な理由として次のようなことが挙げられます。

  • 写真が撮れる・PDFが入れられる
  • Apple Pencilでなんでも書き込める
  • ネットワークに接続できる

これらの理由が挙げられるのは、iOSならではのアプリの豊富さからだと思います。

そして、Apple Pencilの完成度は素晴らしく、その書き味はボールペンなどと比べても別の心地よさがあります。EvernoteやOne note、Notabilityなどのアプリを使うことで、

また、様々なサードパーティの連携により、多くの機能を快適に利用できます。

写真が撮れる・PDFが入れられる

講義で配布された資料や、ホワイトボードを写真に撮ると無駄な板書をする必要がなくなり、講義に集中できるようになるでしょう。
さらに、ScanSnapなどのドキュメントスキャナーで、教科書やプリントをPDF化してiPadに入れることもできます。
iPad Proに保存してしまえば、いつでもどこでも教科書にアクセスすることができるようになり、勉強もはかどるでしょう。

これまで以上にカジュアルにスマートに講義を受けられるようになります。

また、iPad Proのマルチタスク機能のSplit Viewを使えば、2つのアプリを同時に使用することができます。
これで、辞書を開きながら講義を受けたり、PDFを見ながらノートアプリにノートをとったりすることができるようになります。
Split View スクショ

Apple Pencilでなんでも書き込める

iPad Proのために設計された素晴らしいアプリを使用すれば、PDFや写真にもApple Pencilで記入ができます、教科書へ簡単にメモや落書きができます。
教科書へのメモは後の復習でとても役に立ちます。この機能を利用しない手はありません。

さらに、ノート系のアプリを使用すれば、黒板などの写真を追加しながら、さらに書き込みを加えるなど、今までに無いノートの作成ができるようになります。
写真と手書きを組み合わせることで、素敵なノートを作成することができるでしょう。

ネットワークに接続できる

Wi-Fiやテザリング、SIMフリー版のiPadなど方法は様々ですが、ネットワークに接続できるため、インターネットのデータ(クラウド)にももちろんアクセスできますし、ネットワークの辞書を扱うこともできます。また、パソコンのレポートを共有することで、レポートの印刷を忘れたとしても、コンビニで印刷するなんてこともできちゃうわけです。

最後に

iPad ProとApple Pencilの組み合わせを活用すると、より荷物を減らせることができます。また、シェアや音声の録音、写真撮影までできるため、おすすめです。
ScanSnapなどのドキュメントスキャナーとの併用はとてもおすすめです、一人暮らしだとプリントの処理も面倒なのでデジタル化して捨ててしまうのも一つのテクニックです。

実際に使用しているアプリについて書きました!