eng-labs

Appleの純正ワイヤレスキーボードをMagic Keyboardをレビューします。

Apple Magic Keyboardの特徴

Apple Magic Keyboardは薄型かつ充電のできるワイヤレスのキーボードです。Magic Keyboardにはテンキー付きとそうでないテンキーレスのモデルの二種類があります。テンキー付きのモデルのみ、ブラックのモデルが存在します。Lightning端子を搭載しており、iPhoneと同じLightningケーブルで充電することができます。公式には、一度の充電で1ヶ月使用が可能と記載されております。テンキーレスのモデルの重さは200g強で、大変軽いです。また、テンキーレスのため、横幅が小さくデスクの幅を取らず、ケーブルも不要のため、大変取り回しのしやすいワイヤレスキーボードです。

外箱は写真のようにMagic Keyboardの文字と商品が印刷されているシンプルかつ洗練されたデザインです。

外箱

開封とファーストインプレッション

箱から出すと、すぐに商品が出てきます。付属品はLightningケーブルと説明書というとてもシンプルな構成です。iPhoneやiPadでLightningケーブルを使用する人には付属のLightningケーブルは嬉しいですね。何かあった時の予備にもまりすので、ちょびっと嬉しいです。

初めて持った時の印象はやはり軽いというところです。とにかく軽く持ち運びがしやすいなと感じました。ささっと打ってみた感想としてはキーストロークが短く(キーの押し込みが浅い)MacBook Proのキーボードに近いと感じました。最初は打つのに抵抗が出そうだと考えておりましたが、実際に打ってみるとMacBook Proとストロークの短さよりちょっっと長く少しだけ力がいるだけで、特に変わらなかったです。

Magic Keyboardを使ってみて

写真のようにMagic Keyboardをデスクの上に置いてMacBook Proをクラムシェルモードにして、執筆やプログラミング作業をしました。感想としては、ワイヤレスなのでどこでも持っていける(膝の上とか机の端とか)ので動画の再生やストップの操作が離れた距離でもしやすいところ、音楽のスキップができるところなどがとても便利だと感じました。

実際に大変に小さく軽い製品であるためとても持ち運びも小さいでしょう。打ち心地は最初は慣れが必要かもしれませんが特に問題なく使用しております。人によっては少し低いので、リストレストなどでの対策が必要だと感じました。Magic Keyboardは前モデルよりも明らかに使いやすく重宝していたのですが。

MacBook Proのバタフライキーボードを毎日のように使用しており、使いにくいと感じるかと思いましたが意外とそんなこともなく使用できました。