eng-labs

普段からMacBook Proを持ち運んでいますが、家だと大きな画面で作業したいなーと思うようになり、少しずつデスクトップ化のことを考えて色々と購入してみました。最近になりやっとMacBook ProをType-C一本でつなぎある程度快適な環境が手に入りました。

デスクトップ化に必要なもの

今私は、Thunderbolt 3 (USB-C)搭載のMacBook Pro 13inchのTouch Barモデルを使っています。そんな私の環境で揃えたものを以下の4つです。

  • モニター
  • キーボード
  • マウスパッド
  • HDMIケーブルとType-Cの変換アダプタ

今回は、MacBook Proのモニターと接続するモニターを両方使うわけではなく、外部のモニターのみを使用するクラムシェルモードを使うことにしました。そのため、MacBook Proは画面を閉じてそっと置いておくだけで良くなります。立てたりするとスペースの節約になります。

私の使用しているMacBook ProはHDMIやmini DisplayPortなどは搭載していないので、まずモニターに繋ぐのにはUSB-CやThunderbolt 3接続できるモニターか変換するアダプターが必要になります。今回は純正のアダプターを用意しました。

クラムシェルモードでの必須条件

MacBook Proを外部モニターに接続し、MacBook Proのモニターを使用しない使い方をクラムシェルモードと呼びます。クラムシェルモードにはいくつかの条件が必要です。詳しくはAppleの公式サイトに記載されています。

  • Macが電源につながっていること
  • キーボードがつながっていること
  • マウスがつながっていること
  • 外付けのモニターにつながっていること

セットアップは、MacBook Proを起動し、必要なものを接続し、MacBook Proが外部モニターを認識したら画面を閉じるだけで完了します。2回目以降はこれらを接続し、キーボードやマウスを動かすと起動させることができます。

快適にクラムシェルモードを使用する

モニターはDELLのU2414H、キーボードはAppleのMagic Keyboard、マウスはAppleのMagic Mouse 2、アダプターはAppleのHDMI変換ケーブルです。また、画面を閉じてしまうと音も悪くなってしまうので、私はAppleの無線イヤホンのAir Podsを使用しています。モニターと電源以外は完全にワイヤレス化してしまいました。

DELLのU2414Hはベゼルが薄く綺麗なモニターです。Mac似合っているなと思い購入し使っています。現在は販売終了してしまったモデルです。

U2414H

Magic Keyboardは先日レビューを書きましたのでよかったら呼んでください!

接続をしたのが下の写真です。Macの置き場がというのが特にないので、そのまま置いてあります。

接続した図

MacBook Proをデスクトップで使ってみて感じたこと

キーボードやマウスは用意せずモニターだけ接続して、上下で使用していたことがあるのですが、目線が動き疲れるので、デスクトップ化をしたいと決意したのですが、1枚の大きなモニターで作業ができるので快適でした。

また、多くの人がレビューしている通りで、USB-Cを一本(私の場合はアダプター)さすだけで使えるようになるのは大変、便利だと感じています。BluetoothのMagic MouseやMagic Keyboardを使用しているため接続や机の上を片付けたり移動させたりするのもとても楽で気に入っています。

私の場合はType-C、HDMI変換アダプタに、HDMIとMacの充電器を接続しています。

変換アダプタ

あと、先日購入したマウスパッドの大きさがちょうどよく、Magic MouseとMagic Keyboardを置いても快適に作業ができるのはとても良いです。段差が気にならないなどのメリットもあります。ゲーム用に買いましたが、Mac用に変更予定です。

注意点としては、TouchBarが使えなくなります。Macを開くときや1Passwordを使用するときなどに大変重宝するTouch Barに搭載されているTouch IDが使用できないのは大変不便です。Macの解除はApple Watchが使えはしますが、常につけているわけではないので、Touch ID付きのKeyboardが出てくれたら嬉しいなと感じています。

また、一点感じたのはFull HDのモニターを使っているため、MacBook Proの解像度には負けてしまいます。そのため、あれ、粗いな?と結構感じることがあるのと、4Kのモニターが欲しくなるところがデメリットかもしれません。さらに快適にしたいと考えるとスピーカーやインターフェースなどが欲しくなってきますがこの辺はまた別の記事でまとめられたらなと思っています。

私の場合、音楽を聞いたり動画見たりするときはケーブルが面倒なのでAir Podsを使って聞いています。スピーカーが必要な方は別途用意が必要ですね。

今回、MacBook Proをデスクトップで快適に使用できるようにするポイントはキーボードやマウスの無線化とType-C1本による接続だったと感じています。Air Podsも加わり自分の手に触れるものが全てワイヤレス化しているためどこにでも移動させることができます。また、ノートを取り出して勉強をしたいときなども移動が大変簡単に行えて快適な環境を作ることができました。