logicoolのPROゲーミングマウスを購入したので選んだ理由と共に数日間使ってのレビューです。

開封

logicoolのゲーミングマウスの中でもPROという名前のゲーミングマウスで、とても力を入れていることが感じられます(以下PROとします)。
まずはパッケージから見てみましょう。パッケージはとてもシンプルで、クールです。最近のゲーミングデバイスのパッケージはとても洗礼されてきているように感じます。
外箱
私が今まで使用してきたマウスのパッケージと比べるととても小さいパッケージで、無駄な作りがありません。
G500sとG502の箱は前面が開くようになっており、握ることのできるような構造になっていますが、PROではその構造がないためとても薄いパッケージを実現できているのでしょう(本体も小さいですが)。
歴代マウスの箱
中身はマウス本体と保証書のみで、中身までシンプルです。
マウスを持った第一印象は「軽すぎない?」でした。先日まで使っていたG502は最小168gなのに対してPROは83gと半分以下です。
ボタンは通常の左右クリックと中央ホイールのクリック、ホイール下のボタン、左サイドにある2つのボタンの合計6つのボタンがあります。
上面
サイドの2つのボタンは意外と小さいのですが、でっぱりがいい感じにあります。
側面

レビュー

以前使っていたG502には12個のボタンがついていたのですが全く使用していなかったことと、重かったことが理由で新しいマウスを買おうと決めました。
重いマウスはローセンシのプレイヤーにとっては疲れるので長時間やると結構エイムがぶれてきます。
選ぶポイントは軽く少し小さめなマウスがいいなと感じていました。ですが、実際この辺は慣れでどうにでもなってしまうことだと考えていたりもします。
いろいろと調べたのですが、いままでlogicoolのゲーミングマウスを使ってきていたのでPROを選ぶことにしました。

マウスのそれぞれのボタンはどれも押しやすいです。特に通常の左右クリックはとても軽く、連打しやすく、サイドの2つのボタンはある程度重さがあるためミスクリックを減らせると感じました。
ホイールはレビューでも少し見かけたのですが、若干堅いです。ですが、ゲーミングマウスとしては堅めの方が行き過ぎを減らすことができてると思います。特にホイールの上下とホイールクリックの両方にキーを割り当てている人は、中央クリック時に誤ってホイールを動かしてしまったなどのミスを劇的に軽減することができます。

さらにlogicoolのゲーミングソフトウェアというゲーミングデバイスの管理ソフトウェアはUIも綺麗で設定もしやすいです。
またプロファイルの設定もできるため、ゲームごとにDPI(簡単に言うと感度)やキーの割り当てを変更し設定をしておけば、各ゲームを起動するとその設定を自動で読み込むことができるためとても便利です。
写真では現在PUBGとR6Sをプレイしているためこの二つの設定を保存してあります。
ゲーミングソフトウェア

総評

ローセンシな私のプレースタイルにとてもあったマウスでした。軽いため、大きい動きもストレスがなく快適です。
軽すぎるため、もっとセンシを落そうか現在悩んでいます。それくらい軽くエイムしやすいです。
私は無駄なキーをマウスから抜くことでよりエイムに右手を集中させることができると勝手に思っているため、このマウスは多くの人にごり押ししたいと思ってしまいます。
もしローセンシで軽いマウスを探していたらこのPROゲーミングマウスをおすすめします。