iPad ProとApple Pencilと2つのアプリで私は講義を受けています。そんな私が講義を受ける時に使っているアプリとその使い方を紹介します。

使用している2つのアプリ

iPad ProとApple Pencilを使って講義を受けることをおすすめする理由を紹介しました。そんな私が実際に使用しているアプリを2つ紹介します。

授業を受ける上で、私は、写真が貼れて、Apple Pencilで書き込みができること、PDFが閲覧できてApple Pencilで書き込みができること、という2つの機能が必要だと考えています。

いくつかのアプリを使った結果、私は、PDF ExpertとNotabilityというアプリがとても使いやすくオススメします。

PDF Expert 6 – フォーム入力、注釈づけ、サイン記入 – Readdle Inc.

Notability – Ginger Labs

それぞれについて詳しく見ていきましょう。今回は、説明のため(中身を見られたく無いだけ…)に新しくアプリをインストールして説明します。

PDF Expert

PDF ExpertというアプリはPDFを閲覧、書き込みができるアプリです。編集をしたい場合には、別途、アドオンを購入する必要があります。

アプリを開くと次のような画面が出てきます。

PDF Expertスクショ1

左下の+マークをタップして新規フォルダを作りましょう。私は授業名をフォルダの名前にして、その中にPDFを入れていきます。

PDF Expertスクショ2

PDFのインポート(取り込み)は様々な方法で行えます。safari等のブラウザアプリで開いて共有ボタンから保存することもできますし、外部のサービスDropboxやGoogle Drive、iCloudなどが使えます。大学によってはOneDriveのストレージを1TBほどを提供されているところもあるでしょう。ここはいつも利用してるサービスなどからPDFを取り込みます。

PDF Expertスクショ3

PDF ExpertのアプリのガイドのPDFファイルを今回は使用させていただきました。上のバーの注釈を選択することで書き込みが可能です。左のツールバーからツールを選んでApple Pencilで書き込んだり、テキストを追加したりアクセント(マーカーや下線など)を追加しながら授業を受けましょう。

PDF Expertスクショ4

左のツールバーの一番上のツールをを使い選択すると書き込んだテキストや線は好きな位置に動かすこともできます。

PDF Expertスクショ5

このようにPDF Expertでは、とても簡単に、書き込みやアクセントをつけることができます。

Notability

このNotabilityというアプリはiPad ProのCMでも使われているアプリでとても有名なノートアプリです。Apple Pencilで書き込むことはもちろん、音声の録音、写真の貼り付けまでできます。

それでは私の使い方を説明していきます。

まず初めに起動すると次のような画面が出てくると思います。最初は左側に講義や研究などはないと思いますので追加していきます。

Notabilityスクショ1

これを追加するには左上の+マークをタップします。すると「件名を作成」、「仕切りを作成」という2つの項目が出てきます。私は授業以外でもこのアプリを使っているのでまず、「仕切りを作成」で講義という項目を作ります。これが大枠になります。そしてこの中に「件名を作成」を使用して講義名を追加していきます。

Notabilityスクショ2

講義名の「件名を作成」ができたら、その件名をタップして上のツールバーの一番右側の新規追加のアイコンをタップします。
すると、新しいページができるので、まずはツールバーのすぐ下のタイトルを編集しましょう。私は講義の第何回かを入力して管理しています。
あとは、講義を受けながらメモを追加していきましょう。

Notabilityスクショ3

私は授業全体が終わると全てのノートをPDFで書き出してしまいます。このNotabilityもPDFで書き出すことができます。PDFの書き出し先はDropboxやGoogleドライブなどに対応しているのでお好きなサービスに保存して管理するといいと思います。

Notabilityスクショ4

このようにNotabilityではApple Pencilを使うことで写真やテキストを追加しながら素早くノートを取ることができます。

Split Viewの活用

iPad Proにはマルチタスク機能があります。そのなかにSplit Viewという機能があります。Split ViewはiPad Proの画面を2つに分割して2つのアプリを同時に使うことができます。
わたしは、左にPDF Expertで教科書等を見ながら右にNotabilityを開いて使っています。

iPad Pro スクショ

最後に

iPad ProとApple Pencilの組み合わせと今回紹介した2つのアプリを用いた受講はとてもスマートにできます。
これは、大学だけに限らず社会人でもとても役に立つのではないでしょうか?デジタルで管理すれば、無駄なノートもいりません。
ぜひ試して見てください。

ただし、勉強をする時だけは紙とペンを使ったほうがいいと思います。iPad ProとApple Pencilでの暗記や数式計算は向かない気がしています。