私は、勉強するときには必ず万年筆を使用します。そもそも、万年筆を使ったことがない人は、「高そうだなぁ」、「会社の役員の人がサインするために使う筆記用具」などと思っているのではないでしょうか?私が、なぜ万年筆を勉強するときに使用しているのか、なぜ多くの人にオススメしたいと思っているのかをまとめて行きます!

そもそも万年筆とは?

万年筆の一般的な特徴をまとめてみます。万年筆のイメージを掴めていただけたら嬉しいです。

      インクを好みのものに変えることができる
      ペン先の構造上、筆圧をかけることなく筆記が可能
      ペン先に多くの種類があり、好みのものを選ぶことができる
      様々な種類・デザインの万年筆がある
      メンテナンスが定期的に必要

やはり最大の特徴は、インクを好みの物に変えられるところだと思います。また、このインクも様々な種類が存在します。最近ですと、オーダメイドで世界にひとつだけのインクを作れるようなサービスもあります。プレゼントなどにも最適です。

万年筆を多くの人にオススメしたい理由

万年筆の一般的な特徴を読んだだけでもとてもワクワクするのではないでしょうか?実際、私は文房具店で働いている方にオススメされて、その魅力に引き込まれてしました。万年筆を使い始めて5年ほど経ちますが、そこで感じたことも交えながらオススメポイントを紹介できたらと思います

オススメ理由1 万年筆は疲れにくいし、描き続けられる

疲れないということは正義です。あなたの勉強時間を無駄なイライラで邪魔することはありません。例えば単語の書き取りや、数学の問題を解いているとき、ずっと描き続けることができます。シャーペンだったら、ノックをしなければいけませんし、鉛筆なら鉛筆を削る必要が出てきます。ちなみに、このポイントでいうと、ボールーペンでも同じことができると思いますが、ボールペンよりも、万年筆は魅力的な理由が他にもあります!

オススメ理由2 万年筆は自分の好きなインク・好きな万年筆で勉強ができる

一般的な特徴のところでも紹介しましたが様々な種類のインクを使うことができます。もし、あなたが好きな万年筆・好きなインクに出会うことができたら今までの勉強の時間がより楽しいものになるでしょう。カートリッジ式の簡単に交換できるものもありますが、インクの瓶から直接充填するタイプの方が万年筆を使っている感じあってオススメです!私は月夜というパイロットのiroshizuku<色彩雫>シリーズのインクに一目惚れしました。また、自分へのプレゼントとして、少し高めで自分の心に響いた万年筆を買うことを目標に設定して勉強へのモチベーションにも繋げることができます。私は、万年筆やインクを文房具店で見ることが趣味になりつつあります笑。

パイロットのiroshizuku<色彩雫>シリーズは本当に美しい色があります。三色セットもありますので、それを一つ買って楽しむのもいいと思います。

ちなみに、インクや紙の種類によっては色がノートの裏に抜けることがあります。相性もありますが、iroshizuku<色彩雫>と合わせる場合はツバメノートがオススメです!

オススメ理由3 万年筆はインク補充がモチベーションになる

インク瓶はデザイン性が優れているものもあり、インテリアにもなります。このインク瓶の減った分だけ「自分が書いたのかぁ」、「勉強したのかぁ」と感じることができるのも、万年筆とインク瓶のいいところです。次のインクの補充が楽しみになり、もっと勉強しよう!もっと描きたい!と自分のモチベーションを高めていきましょう!

オススメ理由4 安価な万年筆もある!

パイロットのkakunoや、LAMYのサファリなど、数千円で買えて、おしゃれなものもたくさんあります!安価なものの場合は、一つ気をつけなければいけないポイントとして、インクをカートリッジ式から充填式に変えるためのコンバーターを買う必要があるので確認してみてください!このコンバーターはそこまで高くはありません。アマゾンなどでみて見るとよく一緒に購入さている商品欄のもののコンバーターがある場合が多いと思います。

まとめ

万年筆についてみてみました!好みや相性もありますが、古くから使われているだけあり洗礼されている筆記具の一つだと思います。とても魅力的でモチベーションの向上になります。勉強はいかにモチベーションを維持するかということが最終的な答えになるところがありますので、そこをどう乗り切るかということだと思います!愛着もわき自分の好きなようにカスタマイズできる万年筆はとてもオススメです。一本いいものを持っていても損がありません。使ったことがない人は一度と使ってみては如何でしょうか?