MacBook Pro 13インチ用に使うためのキーボードカバーを探していたところ、Editors KeysというメーカーのかっこいいVim/Vi用のキーボードカバーを見つけたので購入してみました。

キーボードカバーの必要性とEditors Keys

MacBook系にキーボードカバーは必要かどうか?という話はよく議論されている話題だと思います。
私自身は、特に必要ないと思っていました。ただ、MacBook Proに移行したタイミングで、飲み物などをこぼしたら嫌だなという感覚があり、どこかのタイミングで購入しようかなと考えていました。

MacBook Proに移行して、長時間キーボードを触ってきましたが、ある時から、MacBook Proのキーボードの音が気になりだしました。
気になりだしたら、そこからずっと気になるもので、キーボードカバーをしたらこの音が小さくなるかな?カチャカチャいわないかな?など考えていました。そして、ある時、TwitterでこのEditors Keysというメーカーを知って、購入を決意しました。
結果を言ってしまうと、消音化に成功しました。

今回はEditors Keysというメーカーのものを購入しました。このEditors Keysというメーカーは、キーボードやキーボードカバー、レコーディング製品を取り扱っている会社です。キーボードのトップやキーボードカバーにアプリケーションのコマンドがプリントされている商品が有名で、Adobeの動画編集アプリや写真管理アプリ、Appleの純正アプリなどさまざまなアプリケーション用の製品が販売されています。

MacBook Pro用だけでなくiMacに付属のMagic Keyboardやショートカットがプリントされたキーボード本体も販売されています。

私は、日頃からVimという少し変わったエディタを使って、執筆やプログラミングをしているので、Vim用のキーボードカバーを購入しました。

開封

Editors Keysの製品の購入は日本のサイトではできないため、直接サイトで購入しました。日本への発送も対応しています。
一つ気をつけなければいけないのは、このメーカーのキーボードカバーはUS/UK配列等に対応してはいますがJIS配列には対応していませんので、自身のキーボードを確認してください。

注文をして2週間ほどで届きました。エアメールで送られてきて、梱包はビニールでした。

AirMailの封筒

梱包を開けるとパッケージが出てきます。紙でできたパッケージでした。

パッケージ

開けると本体だけが入っています。意外と薄くてびっくりしました。今時のキーボードカバーはこんなに薄いのでしょうか?…

本体

MacBook Pro付属のキーボードと比較すると以下の写真のようです。いたって普通のキーボードカバーです。

MacBookProのキーボードと比較

実際に装着してみると、若干歪んでいることがわかりました。しかし、使ってみると全く違和感なくてびっくりです。しっかりとキーボードカバーの裏側が滑り止め効果を持っており打ちやすいです。

装着

レビュー

このキーボードカバーはJIS配列用は販売されていないということで、日本での購入者は少ないと感じます。また、日本のかたでUS配列を選ぶ方はデザインで選んでいる人も多く、そのような人はキーボードカバーをあまりつけないのではないでしょうか?
ただ、はじめてMacBook Proにキーボードカバーをつけましたが、意外と違和感なく特に新型のMacBook Proにはとても相性がいいように感じました(音に関する問題について)。バタフライ型のキーボードは時間とともになれましたが、キーボードカバーをつけてより、打ちやすくなったように感じます。

最後にVimmerからの視点で少しレビューしたいと思います。
そもそも、Vimmerってキーボードをいちいちみるんですかね?という疑問を買う前から思っていました。
初心者のうちは見るかもしれませんが、見るくらいだったら使いながら頭で考えたほうが早く覚えると私は思います。
気になったので、実際、1日使って見て、キーボードを確認するかどうかをチェックしたところ一度もキーボードを見ることはありませんでした。
ただ、それでもなんとなくかっこよく、Vimmerな私としてはとても満足です。

キーボードカバーの販売ページに次のように書いてあります。

Please note:
This keyboard will only fit USA, Canadian, UK, European and Australia keyboards. They will not fit Japanese keyboards

ご注意ください:このキーボードは、アメリカ、カナダ、イギリス、ヨーロッパ、オーストラリアのキーボードにのみ適合します。彼らは日本語のキーボードに合っていません。

Go chūi kudasai: Kono kībōdo wa, Amerika, Kanada, Igirisu, yōroppa, ōsutoraria no kībōdo ni nomi tekigō shimasu. Karera wa nihongo no kībōdo ni atte imasen.

自動翻訳を使ったような日本語訳ですが、日本人用の特殊な配列のキーボードへの配慮も忘れない素晴らしい会社だと思います。
よかったら皆さんも検討して見てください、Vim以外のアプリケーション用キーボードカバーもキーボードもあります。
サイトを見ていたら、Editors Keys の Loupedeck – Photo editing console for Adobe Lightroom もとても、欲しくなりました。
まとまったお金ができたら買っちゃおうかな?

Editors Keysの公式サイトはこちらです。