2017年9月に発売されたApple Watch Series 3ですが、発売日に手に入れ、約1ヶ月程使用してみたので感想などを書きたいと思います。

Apple Watch Series 3 GPSモデル

box
今回購入したのはApple Watch Series 3 GPSモデルのゴールドアルミニウムケースとピンクサンドスポーツバンド 38mmケースです。

まず、GPSモデルにした理由ですが、私の生活スタイルからして、Apple Watch単体で電話をしたり、メッセージを送ったりすることはないと感じていたというのが大きな理由です。
それと、GPSモデルにすると、少しはバッテリーの持ちがよくなるのかな?という期待もありました。
また、GPSモデルでも、iPhoneがなくてもApple Payが使用できるので、本当に私のユースケースでは必要十分ということになりました。

次に、38mmにした理由ですが、これに関しては明確で、38mm専用のApple純正ベルトのモダンバックルが使用したいからです。
まだ、手に入れてはないのですが、これのベルトを着けたいというのがApple Watchを買った理由でもあるといっても過言ではありません。

色は、ゴールドと発表前から決めていましたがこの辺は好みです。

実際に1ヶ月使用してみて

私は、普段から時計をつけており、時計がないとなんか調子が上がらない!みたいな人間です。
そんな私にとっての初めてのスマートウォッチであるApple Watchですが、使い始めて1週間手放せなくなりました。

Apple Payが生活スタイルを変えた!

Apple WatchはSeries 2からApple Payに対応しています。使ってない人は一度お試しを!

私は、多くの買い物でQuick Payを使用しているので、いままでお財布の中に入っているカードを取り出して使っていました。
しかし、Apple Watchを付けるようになってからApple Watchのサイドボタンをダブルプッシュして腕をかざすだけで決済ができるようになりました。
普段、お昼ご飯を買いに行くお店やコンビニもQuickPayに対応しているので、お財布を持たずに行くようになりました。
これはすごいことです。持ち物が一つ減るということはかなりストレスが減ります。
とにかく楽になりました。もっと早くから使えばよかったと感じています。

フィットネス系アプリがいい感じ

Apple Watchは心拍センサを内蔵しているため、フィットネス系のアプリで心拍数を計測してくれます。これだけでもかなり自分の体を知ることができます。
さらに、アクティビティアプリでは、リングを完成させることでバッチがもらえたりするため、運動をしたりちょっと歩こうなどの気持ちを作ってくれます。
そんな中、私が一番これはいいと思ったのが深呼吸アプリでした。
深呼吸をするように促してくれます。近年マインドフルネスが注目される中、なかなか実践できない人もApple Watchを腕につけていれば腕からマインドフルネスをやるように促してくれます。
実践することで心を落ち着けることができ、やるべきことに集中できるようになります。

Apple Watchは体のことを気に掛けるきっかけになると思います。

38mmがちょうどいい

私は、20代の男ですが、38mmは最初小さいかな?と不安がありました。実際に、Apple Storeで試した時もやっぱり小さいかな?と感じていました。
実際に使用してみると、38mmにしてよかったと思っています。主張も大きくなく、時間を見たり、通知を見たりするのには十分な大きさでした。
おそらく今42mmに変更したら大きくて嫌になると思います。

その他

ほかにも小さないいことがたくさんありました。
例えば、通知機能があるためiPhoneを触らなくなった、手元でSiriが使えるのが便利、目覚ましを設定できるなどです。

充電の持ちに関しては、GPSを使ったアプリを一日1時間ほどしか使用しないのであれば、2目の夜までぎりぎり持つくらいのバッテリーの持ち具合です。
意外と長時間持つので驚きました。
さらなる、バッテリーの改善を期待指定です。

最後に

Apple Watch Series 3は人によっては高い買い物かもしれませんが、私にとってはメリットが大きく、もっと早く手に入れてれば!(発売されてないけど)と思うほどの高評価です。
Apple Payを使いたいなと思っている人や、フィットネス系アプリを使いたいという人にはお勧めしたいです。