私が勉強するときは、万年筆を使用します。しかし、そもそも万年筆を使ったことがない人は多いのではないでしょうか?そこで私が使う・お勧めする理由をまとめてみます。

万年筆を使用する理由

万年筆を使うようになり数年経ちますが、書くことが楽しくなり、次にインクを入れるのが楽しみで、勉強しよう・何かメモに使おうなど、モチベーションの向上にもつながっています。

消すことができない

万年筆やボールペンなどは、鉛筆やシャーペンのように消すことができません。そのため、その時間違えたこともすべて残ります。この特徴は特に数学などの計算が多い教科の学習には非常に有効です。試験前などノートを見返すことで自分がどこで間違えたかが一目瞭然になります。これにより、復習が一層早くなります。この時、訂正は色付きのボールペンなどで書くとより早く見つけることができるでしょう。この辺のやり方は勉強をしていく過程で自分のやり方が出てくるでしょう。

授業・講義ノートを取る時も、間違えたら消すことは効率が悪いと思っています。その時間があるなら、先生の話した内容をメモしたり、内容を理解する時間に当てた方が内容が頭に入りやすくなるでしょう。

また消えないということから、間違えないように気をつけるようになるでしょう。ケアレスミスが多い人は消えない筆記用具で書くと、対策になるかもしれません。私はケアレスミスが多い方でした。万年筆に変えた当初は、筆記ミスを多発し、なんども横線で訂正を加えてまいました。そのとき、消しゴムを使っていた回数が多かったことに気がつきました。現在では、板書の多い講義ではほとんど訂正を加えることがなくなりました。ノートを取るときにしっかりと考えるようになったからだと考えています。

 

早く書ける

万年筆は力を入れることなく文字を書くことができます。そのため、スラスラと書くことができ筆記のスピードアップにもなります。思考を素早くアウトプットできるということは、同じ時間でも質の高い勉強ができるでしょう。

また、力を入れることなく書くことができるため、疲れにくくなります。受験勉強などとにかく書くことが多い学生には特に万年筆はお勧めです。

 

自分好みにカスタマイズできる

インクを変えることができるのが万年筆の魅力の一つでしょう。好きな色を見つけて書くことを楽しむというのもいいでしょう。万年筆自体は1000円前後から購入することもできますので、気軽に万年筆を使えるようになってきています。高いものもありますが、高いものは試し書きをさせてもらるお店も沢山あります。そのため、自分にあった万年筆を選ぶことができます。自分へのご褒美やプレゼントにも最適だと思います。お気に入りのインクとお気に入りの万年筆を使うことは勉強をするモチベーションにもなると思います。これはボールペンなどにはない魅力です。

 

オススメの万年筆

私はPilotのコクーンという万年筆とインクは同じパイロットのブルーブラックが万年筆デビューでした。
今ではカクノなどの1000円程度で買える万年筆も出ているので、気軽に購入できるようになったと思います。
実際、万年筆は書いて見ないとわからないところがあるので、店頭で試し書きできるところがあるならば、ぜひ試して見るといいと思います。
Pilotのコクーンは重量感や高級感があり、持っていてチープに感じることがないので、オススメです。

 最後に

もともと私は鉛筆が大好きでSTAEDTLERの鉛筆を使っていました。しかし、削る手間がどうしても面倒になりボールペンに移行しました。しかし、ボールペンは書きづらいと感じ、何かいいものはないかと探していたときにとある文房具屋で万年筆の試し書きをしました。そこで、これは描きやすいと思ったのがコクーンでした。それから毎日のようにこの万年筆を使っていますが、私にはとてもいい影響を与えました。勉強、というよりは筆記をすることが楽しくなりました。結果的に勉強をする、モチベーションにもなりました。それに、クリックによるシャーペンの芯を出す動作などもなく、とても快適に数学や英語の勉強に没頭できます。ペーパーレスな時代ですが、万年筆は筆記も楽しく、自身のモチベーション向上にも繋がる最高のアイテムだと思います。ぜひ一度試して見てください。